1 hour from Paris
your invitation to the
UNESCO wolrd heritage sites

新着情報

シノン城 - 王妃の生活24時間

芝居仕立ての見学コース。王妃の生活の24時間を体験してみませんか。フランス王妃、マリー・ダンジューの豪華な生活と日々の活動を追ってみましょう。1454年と1455年の彼女の生活については、王妃の銀食器帳簿のおかげで、詳しい資料が残っています。1454年、王妃は、末の二人の子供、シャルルとマドレーヌとともにシノン城にい長期滞在します。当時、王妃は50歳代で、彼女の趣味と地位に合った生活を送っていました。彼女は、衣服に莫大な金額を費やし、彼女の財産は、金製や銀製や金メッキされた高価な食器や、宝石で成り立っていました。彼女は、珍しい異国の動物に囲まれて暮らし、娘と一緒に周辺の森で狩りをしました。芸術の庇護者である彼女の周りには、多くの芸術家が仕えていました。中世末期のフランス宮廷の洗練された世界に思いをはせながら、見学者は、とりわけ、祭りの開催やレジャー(狩り、読書、刺繍、ゲームImmergé dans l’univers raffiné et fastueu)、教育、建物や庭の装飾、メセナ活動にいかに念入りの注意が払われていたかを発見します。見学コースは、今回のために塔の中にしつらえられた王妃のアパルトマンや、礼拝堂、子供の勉強部屋、画家アンリ・ド・ビュルコップのアトリエを訪れ、典型的な宮廷の一日の活動を、早朝(起床、着替え、プライベートな礼拝堂でのミサや聖書朗読、子供の教育)から、娯楽時間の午後(散歩、狩り、刺繍)、そして夜(宴会と祭り)までを見て回ります。. 2016年5月14日から11月14日までの毎日。

すべてのイベントを見る

おすすめの古城

©F.Colin/CRT Centre Val de Loire - ヴァランセ城

ヴァランセ城

ヴァランセー城は1803年、ナポレオンの要請により、ヨーロッパの全高官を贅沢にもてなすためタレーランTalleyrandが入手したお城です。ベリー地方にあるヴァランセ城は、ルネッサンス様式と古典様式の二つのスタイルを持つ建物で、全部の部屋に家具が備え付けられ、フランス庭園とイギリス庭園があります。

続きを読む

ヴァル・ド・ロワールで

La Loire à Vélo - Le Thoureil © J. Damase

歴史

ロワール流域 ‐ 河と歴史を遡って

ロワール流域には現在も無数の歴史的建造物が残っています。河のほとりに建つ幾つもの立派な城館は、フランス史そのものであり、大小問わずあらゆる歴史の舞台となっています。

 

ロワール河の支流にたたずむ無数のモニュメントも、ロワール流域とみなされます。例えば、コッソン川の川辺を見下ろすシャンボール城、...

続きを読む