1 hour from Paris
your invitation to the
UNESCO wolrd heritage sites

新着情報

« アンヌ・ド・ブルターニュ、女性と権力» の特別ガイド付き見学と、サント・アンヌのお祭り

アンヌ・ド・ブルターニュが亡くなったのは1514年1月9日。巨大な隣国フランスの国王との婚姻を余儀なくされた彼女は、シャルル8世、次いでルイ12世に嫁ぎ、ブルターニュ公国のフランス王国からの独立を何とか維持することに成功します。教養人であった彼女は、文人、詩人、芸術家達に囲まれ、写本装飾家ジャン・ブルディションJean Bourdichonや彫刻家、ミッシェル・コロンブMichel Colombeなどのように、彼らの評価を高めます。彼女は夫であるフランス国王、シャルル8世とともに1491年から、1498年に王が他界するまでの間、アンボワーズ城に滞在しました。

すべてのイベントを見る

古城のみどころ

©J.Percher/Centre Val de Loire - シノン城

王家の要塞シノン城

王家の要塞シノン城は、サントル・ヴァル・ド・ロワール地方にあります。ブロワ伯のティボー1世によって、町の上に張り出すようにして建てられた要塞は、フランスの歴史とイギリスの歴史が一つにまじりあっていた時代を思い起こさせます。1429年、この城の大広間で、ジャンヌ・ダルクと後のシャルル7世である王太子の歴史的な会見が行われました。

続きを読む

Discover Loire Valley

世に認められた土地

ロワール河流域はシュリー・シュル・ロワール(ロワレ県)からシャロン・シュル・ロワール(アンジュー県)までの280キロの区間、800km2にわたる地帯が 2000年よりユネスコ世界遺産に登録されています。今に生きる“文化的景観”として、フランスでこれだけ広大な地域が世界遺産登録されるのは初めてのことです。

 

ユネスコ世界遺産:類稀なる普遍的価値...
続きを読む