Author Archives: ミズノススム

アジアでギャンブルができる場所

アジアでのギャンブル

ギャンブルは、長い年月を経て私たちの文化の一部となっています。ただし、ギャンブルに対するイメージが良くないために、社会の片隅に追いやられたままになっていました。ところが現代のギャンブル業界は、特に20世紀の後半になって、大きな復活を果たし、カジノがどんどん増えていきました。さらに、オンラインカジノの登場により、こうした動きが世界各地に広がっていきました。アジア市場は、カジノブームを迎えています。また、世の中がポストコロナ社会へ向かいつつある中、ギャンブル業界では、数多くの国々が新しいカジノの建設を計画しています。 マカオ: この場所に紹介は必要ありませんね。ギャンブルゲームからトランプゲームまで、マカオでは多くの種類のゲームを楽しむことができます。マカオの名を聞いたことがない人は、ギャンブルをしたことのない人でしょう。マカオは、司法制度が他の国と異なるため、中国でギャンブルが法律上認められている唯一の場所となっています。世界のギャンブルの都として知られており、国内総生産の60%以上がギャンブルからの歳入です。マカオには、41軒の素晴らしいカジノがあり、この都市のギャンブル業界の歳入は、360億ドルを上回ります。旅行を計画中なら、マカオは絶対に候補の一つに入れるべきです。 日本: 日本では、ギャンブルは法律で禁じられているため、通常ギャンブルをすることはできませんが、他のオプションがいろいろあります。日本を訪れる理由はたくさんあります。ゲーム界における日本の評価が高いことも、その理由の一つです。日本では、これからカジノ開発が始まろうとしています。ギャンブル業界の水準を満たし、私たちの期待に応えてくれるようなカジノができるのは間違いないでしょう。日本は、歴史的な伝統と現代の文化をうまく融合させる国であり、それはゲームの世界にも現れています。 シンガポール: シンガポールは、世界のビジネス拠点です。また、シンガポールのパスポートは、世界で最も権威および信頼があるパスポートで、世界にあるほとんどの国をビザなしで渡航できます。そんなシンガポールにも、もちろんカジノがあります。国内におけるギャンブル文化はあまり促進されていないものの、マリーナベイ・サンズの名は一目置かれています。このリゾートには、400以上の客室、プールがあります。そして、ギャンブルに期待するものを全て揃ったようなカジノがあります。 ソウル: 韓国は、ギャンブル業界では、少しユニークな存在です。実は韓国にも、そこそこの数のカジノがあります。その一つが、パラダイスウォーカーヒルカジノです。そのカジノを訪れたゲストは、必ず思い出に残る経験ができるでしょう。インテリア装飾からゲームの種類まで、決して行って後悔はしません。 まとめ: アジア市場は、ギャンブル業界に限らず、あらゆるビジネスチャンスがあります。ギャンブル市場についても、大きな可能性を秘めていますが、カジノ合法化が一つの問題といえるでしょう。しかし、積極的なロビー活動により、カジノ建設の実現が近づいてきています。 わざわざ海外のカジノの行かなくても、本格的なカジノゲームがプレイできる日本で人気No.1オンラインカジノ「VeraJohn」で本場カジノさならの臨場感をあじわいながら、 オンラインカジノ業界最高のプレイを楽しみましょう。