Quai de la Fosse - Nantes © V.Joncheray

ロワール河周辺の都市と史跡

都市と史跡

ロワールの古城が歴史の生き証人であるように、ロワール河にも過去の記録が残ります。時代にまつわるもの、都市にまつわるもの、生活様式にまつわるものなど様々です。水運文化の痕跡から都市文化の痕跡まで、ロワール一帯すべてが歴史を経験し、今に語り継ぐ存在なのです。

洞窟式住居と歴史ある川船

雄大にして奔放なロワール河によって、今ある流域地帯の景観は形作られました。その証拠に流域の農作地帯を守るための越流堤や、岩盤に掘られた洞窟式住居があります。ロワール河のほとり、とくにショーモン・シュル・ロワールからソミュールの間にかけては、かつて城館の建築に使われたチュフォーと呼ばれる石灰土の掘削跡が残され、今では別の目的に利用されています。丘の斜面に掘られたこの横穴は現在ワインカーヴやキノコの栽培室に転用されたり、シャンブル・ドット(ペンション)やホテルに姿を替えています。

過去の遺産がもうひとつ。河岸には水運業の足跡がここかしこに残っています。ロワールの河沿いを旅するなら、大河をゆく昔ながらの川船に乗ることでさらに見識が広がるでしょう。“昔ながらの船”の共通点は平底であること。なぜならロワール河には砂が堆積する場所が無数にあるからです。トゥエ、ガバール、フュトロー、プラット…、名前も様々なロワールの川船に乗り、舟人の心を体験してみましょう!
 

ロワール河周辺の都市 

オルレアン Orleans : 伝統とモダンの妙なる趣き
さらに詳しく >>

ブロワ Blois : 魅力溢れる王家のお膝元
さらに詳しく >>

アンボワーズ Amboise : “イタリア流”の魅力
さらに詳しく >>

トゥール Tours : フランス流ライフスタイル
さらに詳しく >>

ソミュール Saumur : 馬芸の中心地
さらに詳しく >>

アンジェ Angers : 穏やかなるアンジェ
さらに詳しく >>

ナント Nantes :「陸でもなく海でもない、人魚が出没するにふさわしい場所」-ジュリアン・グラック Julien Gracq
さらに詳しく >>