1日で巡るロワール渓谷 2つの旅程

ロワールの古城群は、パリからすぐ近くです。「行きたいけれど、一日しか時間がない。」とお悩みのあなたも、大丈夫。車やTGVを利用して充分観光できる、ロワール渓谷の日帰り観光コースを二つ、ご紹介しましょう。

ロワールの3つの城を日帰り観光

有名なシャンボール城とシュノンソー城は、それぞれパリから車で1時間50分と2時間20分。行き方は二つ。パリでレンタカーを借りるか、TGVでトゥール近くのサン・ピエール・デ・コールSaint-Pierre des Corpsまで行くか。パリのモンパルナス駅からなら1時間15分、シャルル・ド・ゴール空港からなら1時間40分です。その後、現地でレンタカーを借りるか、観光タクシーを利用します

シャンボール城Château de Chambord見学(午前か午後)

車の場合:パリから1時間50分(178㎞)、トゥールから55分(78㎞)、シュノンソーから55分(57㎞)。

シャンボール城は、フランス・ルネッサンス様式を代表する城です。広大なシャンボール城公園の見学には、徒歩で散策したり馬車に乗ったりするほか、コッソン川をモーターボートやオール付きの小舟で遊覧する方法もあります。また公園内には、15㎞のサイクリング・ロードも整備されています。自転車や何人かで乗れるトレーラー付きの四輪自転車をレンタルできます

昼食:シャンボールかシュノンソーで。

シュノンソーでのお手軽ランチにはセルフサービスSelf Serviceが便利です。高級フランス料理なら、ロランジュリl’Orangerieがお勧めです

シャンボールでの軽食なら、ル・モニュマン・カフェ・シャンボールle Monument Café Chambord 、高級フランス料理なら、 シャンボールから8㎞のモンリヴォーMontlivaultにあるラ・メゾン・ダ・コテ La Maison d’à Côté がお勧めです。

二つの城の間を移動する途中で、シャンボールから10㎞、車で18分のブラシウーBracieuxにあるショコラティエのマックス・ヴォシェMax Vauché に立ち寄り、美味しいチョコレートの味見をしましょう。

シュノンソー城Château de Chenonceauの見学(午前か午後)

車の場合:パリから2時間20分(237㎞)、トゥールから35分(33㎞)、シャンボールから55分(57㎞)、

ルネッサンスを代表する白亜の城が、シェール川の水面にその美しい姿を映しながら、まるで蜃気楼のようにあなたの目の前に現れます。お天気の良い日には、小船を借りたり 、クルージング船ラ・べランドルla Bélandre に乗って、その美しいアーチの下をくぐって遊覧しましょう。

フランスの伝統に深く根ざした庭園の鑑賞もお忘れなく。特に、ディアーヌ・ド・ポワチエの庭園(12.000ha)の見事な花壇や、カトリーヌ・ド・メディシスの庭園や、迷路、緑の庭園は見逃せません。

三番目の城の見学

三番目の見学先は、次のサイトのセレクションの中からお好みの城をお選びください

夕方:パリへ。車の場合、所要時間は、シュノンソーからは2時間20分(237㎞)、シャンボールからは1時間50分(178㎞)。トゥールからTGVに乗る場合は、シャンボールからトゥールまでは車で55分(78㎞)、シュノンソーからは35分(33㎞)です。

夏のイベント

シュノンソー城での音楽と夜空の散策

シャンボール城の音楽フェスティバル

 

ナントとブルターニュ大公城の日帰り観光

パリからTGVで2時間10分(車なら3時間30分)のナントNantesには、荘厳なたたずまいを見せるブルターニュ大公城があります。一日あれば、コスモポリタンな町ナントと、大西洋にそそぐ前のロワール川最後の城を見学することができます。

午前中:ブルターニュ大公城Château des Ducs de Bretagneの見学と散策

有名なブルターニュ大公城は、ナントの中心にあります。中庭や城壁、堀の中の庭、そして城内にあるナント歴史博物館などが見どころです。

大公城を見学した後は、旧市街のブッフェ地区やサン・ピエール・エ・サン・ポール大聖堂周辺の歩行者天国の通りを歩きましょう。お土産を探すのにぴったりの地元の特産品を扱う専門店が数多くあります。

昼食:≪ナントの食卓Tables de Nantes≫掲載レストランで。

お味は保証付きのお勧めの店が掲載されているガイドブック≪ナントの食卓≫ からレストランを選びましょう。また、素晴らしいシーフードを提供するラ・シガールLa Cigale も、ナントでは必ず寄りたいブラッスリです。

午後:ナント島の散策

ロワール川を渡って、ナント島へ行き、マシン・ドゥ・リルLes Machines de l’île の周りに生息する愉快で奇妙な生き物と戯れたり、アートイベント、ナント・エスチュエールの展示作品を鑑賞しましょう。ビュレンのリングアートも見られますよ。

高いところから観光したいなら、巨大な象の背中に乗りましょう(歩行者の方は注意してください、像が水を吹きかけてくるかもしれません)。

ナント市内に戻ったら、リユー・ユニーク Lieu unique (le « LU ») とその塔を見学しましょう。昔のビスケット工場が、今では全国的にも有名なカルチャー・スペースやバーやクラブに大変身。ナント市民からも愛されている場所です。

夕方:有名なパッサージュ・ポムレー Passage Pommerayeでショッピングを楽しみ、その後、ブルターニュ・タワーの33階にあるバー≪ル・ニ Le nid »で、市内の素晴らしい眺望を眺めながら、ナントでの最後の一杯を楽しみます。

その後パリへ。

ナント駅からパリまでは、TGVで2時間10分です。車なら、3時間30分(385㎞)。

ブルターニュ大公城でのイベント

博物館の夜(5月):ナント歴史博物館の夜間見学。