©J.F. Le Scour/Chateau d'Amboise - アンボワーズ城 ©P. Forget/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城 ©C. Mouton/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城 ©C. Mouton/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城 ©F. Delong/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城 ©J.F. Le Scour/Chateau d'Amboise -  アンボワーズ城 ©R. Bodian/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城

アンボワーズ城は、特に15世紀末から16世紀にかけてのルネッサンスの最盛期には、フランスの歴史そのものでした。そのアンボワーズ城の夢のような世界をのぞいてみましょう。

ヴァロワ朝の王たちや宮廷の寵臣たちの運命をたどりながら、アンリ2世にいたるまで歴代の王に愛された王の居城の贅沢なアパルトマンを見学しましょう。

シャルル8世は、アンボワーズで生まれました。フランソワ1世は、4歳の時にアンボワーズに来て、青春時代を過ごしました。アンヌ・ド・ブルターニュや、ルイーズ・ド・サヴォワ、カトリーヌ・ド・メディシスなどの権勢を誇った多くの女性たちも、この城に滞在しました。アンボワーズの宮廷は、また、ロンサールやデュ・ベレーやレオナルド・ダヴィンチのような知識人や芸術家も大勢惹きつけました。カルロス1世や、ルイ14世、スペインのフェリペ5世、皇帝ナポレオン3世、アブド・アルカディールなどの名士たちも、城に滞在しました。アンボワーズ城の王の住まいは、個人でも団体でも見学可能です。フランス流に洗練されたゴチック様式とルネッサンス様式の家具の素晴らしいコレクションを鑑賞できます。

見学者は、団体の場合も、個人の場合も、年間を通じて、王の住まい、レオナルド・ダヴィンチが眠っている聖ユベール礼拝堂、地中海風庭園を見学できます。庭園からは、ユネスコの世界遺産に登録されたロワール川の見事な眺めが楽しめます。

個人見学

解説書を片手に、自由に、城と庭園を見学します。解説書は、フランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ボルトガル語、オランダ語、ポーランド語、ロシア語、ハンガリー語、チェコ語、ルーマニア語、日本語、韓国語、中国語(繁体字と簡体字)で用意されています。フランス語によるガイド付き見学(8月はイタリア語も実施)が、参加者の人数に応じて随時行われています。

家族見学

ルネッサンス時代の宮廷人たちが住んだアンボワーズの王家の城は、王家の子供たちの誕生と教育の場でした。シャルル8世、フランソワ1世、アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの子供たちが、伝染病や政争を逃れて、この城に滞在しました。≪フランスの王や王妃はどのように育ったのか?≫ 7歳から14歳までの子供たちが、自分で城を探検し、城に滞在した歴史上の有名人物を発見できるように、イラストやゲームやエピソードを載せた子供向けのガイドブックが用意されています。

個人見学についての詳細 >>

団体見学

外部のガイド付き団体の受付
外部のガイド付きの見学は、城の職員の指示に従ってください。

解説付き見学
アンボワーズ城では、城所属の講師兼ガイドによる解説付きの見学を、団体向けに実施しています(要予約、対応言語は、フランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ボルトガル語)。
所要時間:1時間
団体見学についての詳細 >>

学校見学と子供の団体の受付
アンボワーズ城には、学校見学を受け入れる教育部門があり、5つのコースが用意されています。教師用の小冊子と講義スペースがあり、コースを組み合わせての見学も可能です。
学校見学についての詳細 >>

城を借り切ってのレセプションやパーティー

アンボワーズ城なら、格式の高いパーティーを開くことができます。お部屋をご用意します。専門スタッフが、プライベートなイベント(インセンティブや試食会や食事会など)のお手伝いをします。宮廷の生活を再現するパーティーの開催も可能です。

アンボワーズ城で開催可能なパーティーの例です。
・正式な晩さん会、賑やかなパーティー
・城内や庭園内でのカクテル・パーティー
・扮装した役者や宮廷詩人によるお出迎え
・ロワール川を眺めながらの夜の散策や見学
・昼間や夜間のワインの試飲会(対応言語:フランス語、英語、ドイツ語)
・ヘリコプターや気球による城とロワール川の空中からの見学
・ドキュメンタリーや公告の撮影
・屋外でのコンサートや上映会
・クラシック・カーでの送迎
・オリエンテーリング

料金や設備などについては、直接 アンボワーズ城にお問い合わせください。