©J.F. Le Scour/Chateau d'Amboise - アンボワーズ城 ©P. Forget/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城 ©C. Mouton/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城 ©C. Mouton/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城 ©F. Delong/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城 ©J.F. Le Scour/Chateau d'Amboise -  アンボワーズ城 ©R. Bodian/CRT Centre Val de Loire - アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城
アンボワーズ城

見逃せないもの

 

レオナルド・ダヴィンチ(1552年~1719年)の足跡をたどって

 
 

レオナルドは、おそらく1516年の庇護者のジュリアーノ・デ・メディシスの死後に、フランソワ1世の招きでフランスにやってきます。64歳でフランス宮廷にやってきたレオナルドは、700エキュ(金貨)という破格の待遇で、クルーの館(クロ・リュッセ)に滞在しました。

彼は、主に、絵を描き、水路や都市整備、建築を教えて、時を過ごしました。ロマランタン宮殿とシャンボール宮殿の一部もレオナルドの設計だと考える研究者もいます。

王の側近として、王のためにいくつかの余興を考えました。中でも最も有名なものの一つが、1518年にレオナルド・ダヴィンチが創作したフェスタ・デル・パラディソで、巧妙な仕掛けの装置が、天体の動きを再現しました。

レオナルドは、1519年5月2日に、クルーで死去し、彼の意志に従ってアンボワーズ城のサン・フロランタン教会堂に葬られました。その後19世紀になって教会堂が取り壊されると、彼の遺骨は、アンボワーズ城の聖ユベール礼拝堂に移されました。