©Jean-Sébastien Evrard - ブリサック城 ©Château de Brissac - ブリサック城 ©Château de Brissac - ブリサック城 ©Château de Brissac - ブリサック城 ©Château de Brissac - ブリサック城 ©Château de Brissac - ブリサック城
Château de Brissac
Château de Brissac
Château de Brissac
Château de Brissac
Château de Brissac
Château de Brissac
Château de Brissac
Château de Brissac
Château de Brissac
Château de Brissac

ブリサック城の堂々としたファサードは、ロマンチックな雰囲気の庭園の中にある広々とした芝生の向こうにそびえたっています。封建時代の名残である巨大な塔と要塞の土台が古典主義様式の建物を囲み、非対称の巨大なファサードは、朝日を浴びて美しく輝きます。ブリサック城、それはまた、アンジュー地方に代々住み続けているある一族の歴史でもあります。16世紀初頭に最初にこの地の領主となったルネ・ド・コセ以来、20世代にわたり、その一族は、城を守り、美しく飾り、所蔵品を増やすことに情熱を注いできました。現在は、第13代ブリサック公が住んでいます。

見逃せないもの

ブリサック城のワイン

城には、アンジェ地方のテロワールの伝統に忠実なブドウ畑があり、その畑で熟したブドウから明るい色合いの美味しいワイン、ロゼ・ダンジューが 作られます。石畳のワイン蔵の中で試飲して、ロワール渓谷の旅の生き生きとして楽しい思い出として持ち帰ることもできます。 ワイン農家の守護神である聖ヴァンサンをまつった教会が立つ丘を背にした可愛い村で、古い道や野菜畑、石灰土の家が、落ち着いた雰囲気を醸し出 しています。村のメインストリートであるジグザグ道を、絵のような風景を眺めながら下って行けば、城の庭園の入り口へとたどり着きます。その道は、まるで 城と村の歴史を守り密接に結び付ける絆のようです

詳細を見る

見逃せないもの

ロマンチック庭園

とてもロマンチックな雰囲気の庭園には、しばし足を止めて見とれるほど美しい数々の遊歩道があります。霊廟の並木道、ジャン ヌ・セイの滝、庭師の家、5世紀のブドウ畑など、詩のような名前が付けられたそれらの遊歩道を歩けば、過去何世紀にもわたってこの地を愛してきた人々のこ とが忍ばれます。

詳細を見る

知られざる見どころ

水の下の地下道

250mの長さの地下道で、庭園を通るオバンス川が増水した場合、花壇に浸水しないように、水の流れを変えるための工夫がな されています。たくみに光が当てられ、昔のままの頁岩の円天井が、スレートの運河の水面にその姿を映しています。

詳細を見る

知られざる見どころ

  ブリサック城の劇場の扉を開けて中に入ると、驚きが待っています。ブリサック侯爵夫人のジャンヌ・セイの野心的な夢から生ま れたこのオペラ劇場は、1890年から1916年の間、オペラ・フェスティバルが開かれていました。自身も才能豊かなソプラノ歌手だった城の女主人のもと には、パリ中の社交界と芸術界の人々がやってきたものです

詳細を見る