©Alain Laurioux/Cadre Noir IFCE -  ソミュール -カードル・ノワール ©Alain Laurioux/Cadre Noir IFCE -  ソミュール -カードル・ノワール ©Alain Laurioux/Cadre Noir IFCE -  ソミュール -カードル・ノワール ©Alain Laurioux/Cadre Noir IFCE -  ソミュール -カードル・ノワール ©Alain Laurioux/Cadre Noir IFCE -  ソミュール -カードル・ノワール ©Alain Laurioux/Cadre Noir IFCE -  ソミュール -カードル・ノワール
ソミュール国立馬術学校
ソミュール国立馬術学校
ソミュール国立馬術学校
ソミュール国立馬術学校
ソミュール国立馬術学校
ソミュール国立馬術学校
ソミュール国立馬術学校
ソミュール国立馬術学校
ソミュール国立馬術学校
ソミュール国立馬術学校

 

馬術の高等教官を育成する学校

1972年に設立した国立乗馬学校はスポーツ省の管轄に置かれています。当校はフランス乗馬連盟と密に連携し、国立種馬牧場や農務省、防衛省の支援を得ています。

当校は馬術の高等教官を育成します。ここで授けられる教育は、乗馬に関する科目全般だけでなく総合的な学習にも及びます。国立乗馬学校はアンジェ大 学、フランス乗馬連盟、業界関係団体やその他パートナーと連携し、フランスや海外の教官や競技者に対する高度な研修と教育プログラムも提供しています。

当校は国際大会をふくむ多くの競技会を開催、運営しています。

研究プログラムと資料センター

当校では乗馬教育の質向上のため、様々な技術、科学、教育分野の研究と調査が行われています。学校の内部には、オリンピックの3種競技に関するフランスチームの本拠地が置かれ、ずば抜けたアシスタント力でチームの上位入賞に貢献しています。

さらに国立乗馬学校の内部には充実した資料センターがあり、マルチメディアを活用して資料の一般公開も進められています。こうしてカードル・ノワールと彼らの指導する国立乗馬学校により、フランスの馬術教育と馬場馬術は不滅のものとなっています。

国立馬術学校についてさらに詳しく>>