Chambord Chambord Chambord - Lanterne restaurée Bateau Château de Chambord Domaine National de Chambord Domaine National de Chambord Domaine National de Chambord Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord
Domaine National de Chambord

シャンボールの略歴

1498年: ルイ12世即位。シャンボール、王領になる。 1519年: フランソワ1世の命により城の建設開始。 1535年: 主塔の完成。下の翼棟の建設開始。 1539年: フランソワ1世が、シャンボール城に、カール5世を迎える。 1547年: フランソワ1世死去。アンリ2世の治下でも工事は続行。アンリ2世は、狩りで城を訪れ、3司教区をフランス領に編入する条約に署名した。 1641年~1660年: ルイ13世から城を与えられた弟のガストン・ドルレアンは、しばしば城に滞在する。 1660年~1685年: ルイ14世は、シャンボール城に、9回、合計で約100日間滞在する。王が最後に滞在したのは、1685年9月6日~10月28日のことで、その時モリエールは、シャンボール城で「町人貴族」と「プールソニャック氏」の初演を行った。 1680年~1685年: 建築家ジュール・アルドゥアン・マンサールとオブレーが、城を完成させる。 1725年~1733年: ルイ15世の義父である亡命中のポーランド王スタニスラス・レクザンスキーがシャンボール城に滞在する。 1809年: ナポレオンは、領地を、ベルティエ元帥に与える。ベルティエ元帥は、ヴァグラム大公となり、シャンボールには2日しか滞在しないまま、1815年に死亡する。 1819年: ベルティエ元帥の未亡人は、ルイ18世から城を売却する許可を得る。 1821年: シャンボール城は、公募制により、シャルル10世の孫で、将来のシャンボール伯であるボルドー侯爵の所有となる。 1840年: プロスペール・ド・メリエにより、最初の歴史建造物リストに登録される。 1871年: 7月5日、シャンボール伯は、白旗(王家の旗)に忠誠を尽くして、アンリ5世になることを断念。 1883年: シャンボール伯死去。城は、彼の甥であるパルマ侯爵家にわたる。 1914年: 9月14日、国によって接収される。 1930年: 国が買収し、公園として管理。 1947年: 国は、シャンボールの管理を、様々な役所(財務、建築、水産森林、道路)に委託。国立狩猟保護区となる。 1947年: 12月8日、ポンピドー大統領が、国立シャンボール公園整備委員を任命し、公園の管理と整備はその管轄下に入る。 1981年: ユネスコの世界遺産リストに登録。 1997年: シャンボールの全敷地が、1913年法により、歴史建造物に指定。 2005年: 農村地帯の地方分権に関する2005年2月23日法により、国立シャンボール公園の管理は、商工業的公施設法人(EPIC)に任されている。

 

シャンボール城についての詳細は>>