©V.Treney/CRT Centre Val de Loire - ショーモン・シュル・ロワール城 ©JS.Mutschler/CRT Centre Val de Loire - ショーモン・シュル・ロワール城 ©C.Mouton/CRT Centre Val de Loire - ショーモン・シュル・ロワール城 ©C.Mouton/CRT Centre Val de Loire - ショーモン・シュル・ロワール城 ©TH.Bronner/CRT Centre Val de Loire - ショーモン・シュル・ロワール城 ©J.Damase/CRT Centre Val de Loire - ショーモン・シュル・ロワール城 ©C.Mouton/CRT Centre Val de Loire - ショーモン・シュル・ロワール城 ©C.Mouton/CRT Centre Val de Loire - ショーモン・シュル・ロワール城
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール
ショーモン・シュル・ロワール

手つかずの自然が残るロワール川を望む高台に位置し、美しい川の景色を一望に見渡すことができるドメーヌ・ド・ショーモン・シュール・ロワールは、30ヘクタールの広さがあり、年間38万5千人が訪れます。敷地内には、15世紀~19世紀の城と、厩舎と、アンリ・デュシェーヌ設計のイギリス式庭園があり、国際庭園フェスティバル(4月末~10月中旬)が開かれます。また、現代作家の作品の展示や、一流写真家の展覧会も開催されます。

見逃せないもの

ユネスコの世界遺産に登録されているロワール渓谷を望むショーモン・シュール・ロワール城は、ゴシック時代の要塞建築とルネッサンス時代の優雅な建築の両方を兼ね備えています。城の所有者だったカトリーヌ・ド・メディシスは、ノストラダムスとルッジェーリを賛美し、彼女の個人的占星術師としていました。カトリーヌ・ド・メディシスは、その後、城をディアンヌ・ド・ポワチエに譲ります。 19世紀から20世紀にかけて、ル・レイ・ド・ショーモン一族が、彫刻家のニニやアメリカ人のベンジャミン・フランクリン、作家のスタール夫人を城に招き、知的な活動が盛んに行われるようになりました。個人として最後に城を所有したブロイ公夫妻に手により、ドメーヌ・ド・ショーモン・シュール・ロワールは、近代性と独創性と社交性を兼ね備えた場所として大発展を遂げました。

続きを読む

知られざる見どころ

国際庭園フェスティバル

1992年に始まった国際庭園フェスティバルは、世界各国の造園の今を一望できるイベントです。 今まで21シーズンにわたり、550近い未来の庭の原型ともいうべき庭が作られました。新しいアイデアの宝庫であり、若い才能が芽生える場所であるフェスティバルは、新しい花のアレンジの仕方や革新的素材、斬新なアイデアやアプローチを提示しながら、造園に新たな活力を与えています 多様性と創造性と質の高いプロジェクトにより世界的に高い評価を得ている国際庭園フェスティバルは、今では、新しい世代の造園家や建築家、空間デザイナー、庭師にとって、自分の作品を展示するために欠かせない場所となっています。 フェスティバルと平行して、ブリュム谷の≪菜園≫では、教育目的の菜園が、シーズンごとに進化し続ける実験庭園として、一般に公開されています。

詳細を見る

アヴァンギャルドの宝庫

芸術と自然センター

≪芸術と自然≫は、ドメーヌ・ド・ショーモン・シュール・ロワールの芸術プログラムの中心テーマであり、著名な現代アーチストが城や庭園で作品を展示するために招待されています。ドメーヌ・ド・ショーモン・シュール・ロワールは、≪自然と文化、芸術作品の制作と風景の創造、文化遺産と現代性の関わりに特化した初めての芸術と自然のセンター≫なのです。 招待された世界的に名を知られた一流のアーチストと若い新人アーチストたちは、ショーモン・シュール・ロワールに滞在し、敷地内のあらゆる場所で活動することになります。

詳細を見る