©D. Darrault - フォントヴロー修道院 ©D. Darrault - フォントヴロー修道院 ©S. Bonniol/Visuelles - フォントヴロー修道院 ©S. Bonniol/Visuelles - フォントヴロー修道院 ©D. Darrault - フォントヴロー修道院 ©D. Darrault - フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院

修道院都市

フォントヴロー修道院の生活は、信仰生活であると同時に祈りと労働と共同生活によって成り立っていました。 

グランムティエ回廊
修道院の生活の中心となるのは回廊で、北には教会、東には聖具室と教会参事会室、南には食堂、西には台所などの共同施設がありました。この回廊は、16世紀に再建され、19世紀には、刑務所の廊下が付け加えられました。

回廊を中心とする修道院の生活

教会参事会室
数々の儀式などが行われた部屋です。16世紀に改修され、壁は、1563年ごろに色が塗られましたが、刑務所時代には覆い隠されていました。

暖房付き休憩室
修道院で唯一暖房の付いたこの部屋では、針仕事が行われていました。

食堂
修道女たちが一日に二回食事のために集まった場所です。もともとはデンプン質と魚中心の食事でしたが、17世紀の修道会改革とともに食事内容も変わっていきました。

大寝室
主に16世紀に作られたルネッサンス様式の美しい階段が唯一寝室へ向かう階段で、寝室は3部屋あります。

修道女の仕事

サン・ブノワ診療所
12世紀に建てられ、1600年ごろに建てなおされました。もともとは修道院の中庭でしたが、修道女たちが人生の最後を過ごす場所となりました。

ローマ様式の台所
洗礼室か死者の塔、あるいは教会? と、この12世紀の建物の用途については長い間議論の的でしたが、今では、台所だったことがわかっています。


多くの修道院と同じように、フォントヴロー修道院も庭に囲まれています。それぞれの庭は、食用野菜園、墓地の果樹園、薬草園など、はっきりとした目的が決まっていました。

フォントヴロー修道院についての詳細は >>