©D. Darrault - フォントヴロー修道院 ©D. Darrault - フォントヴロー修道院 ©S. Bonniol/Visuelles - フォントヴロー修道院 ©S. Bonniol/Visuelles - フォントヴロー修道院 ©D. Darrault - フォントヴロー修道院 ©D. Darrault - フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院

 

プランタジネット朝とフォントヴロー

ロベール・ダルブリッセルによって1101年に作られたフォントヴロー王立修道院は、女性が長を務める男女別の修道会であることが特徴です。リチャード1世(獅子心王)の帝国の中心に位置し、アリエノール・ダキテーヌは、晩年をここで過ごしました。

プランタジネット朝の王たち
現在、修道院付き教会には、12世紀にフォントヴロー修道院の庇護者だった アンジュー伯、プランタジネット朝の4人の君主の極彩色の横臥像があります。アリエノール・ダキテーヌは、夫の英国王ヘンリー2世と、彼らの息子のリ チャード獅子心王と、ジョン失地王の二番目の妻イザベル・オブ・アングレームと並んで眠っています。

プランタジネット朝の墓所がある修道院付き教会
12世紀に建てられた修道院付き教会は、何人もの建築家が手を加えたため、多様な建築様式を残しています。1906年には、リュシアン・マーニュが、中央刑務所時代に破損した丸天井を含む大部分の修復を行いました。

 

フォントヴロー修道院についての詳細は>>